表替え・新畳

表替え

表替えとは現在の畳の表面、畳表(ゴザ)を新しく張り替えるもので、畳床はそのまま再利用します。畳表、縁を新しくし表面を美しく仕上げます。
表の種類を豊富にご用意させていただきお客様のご希望に沿えるよう幅広い商品展開をさせていただいております。
国産畳、国産ブランド表、化学(カラー)表、価格帯の安い中国表等、お気軽にお問い合わせください。
※本間、五八、畳表、畳床、縁の組み合わせによって価格が決まります。

名称 サイズ(幅×長さ) 使用される地方等
京間(本間) 95.5×191.0×5.5cm 主に近畿・中国・四国・九州
中京間(三六間) 91.0×182.0×5.5cm 主に愛知・岐阜・三重で使用
関東間(五八間) 88.0×176.0×5.5cm 主に静岡以北
団地間(五六間) 85.0×1,700cmくらい 公団住宅、アパート、マンション等

裏返し

裏返しは、現在敷き込まれている畳の畳表(ゴザ)を外して、日焼けした畳表をひっくり返して裏側の綺麗な面を出して畳縁も新しくすることです。
畳の表面のござを裏返し、裏にあった面を表に出します。多少の傷・汚れは隠すことができお手頃に畳をきれいする事ができます。裏返しは、畳表が地厚で丈夫な商品でないと出来ません。
裏返しの目安は3年〜5年と言われており、日焼け、色落ち、色褪せが目立つようになってきらた要注意です。

新畳

新畳とは、全く新しく畳を作ることを言います。
畳床、畳縁(へり)、畳表、全てを新品に取り替えます。
畳を踏んで違和感を感じる場合、例えばボコボコしていて感触が良くなかったり、柔らかくなってきたら寝ているとダニが気になる場合などは新畳への交換をお勧めします。

建材床3種類・ワラ床の写真

畳についての疑問やお手入れ方法はこちらをご覧ください。

このページのトップへ